管理業務主任者 独学

管理業務主任者独学

管理業務主任者の試験を独学で勉強するための心得!

管理業務主任者の試験を独学で勉強する方は多くいます。
理由としては「出来るだけお金を欠けずに勉強したい」「独学でも十分合格できる」など がほとんどです。

しかし、現実は、途中で挫折してしまうか、いつまでたっても試験に合格できない状況が続いてしまいます。

それは何故でしょうか?

答えは簡単です。 管理業務主任者の試験は、難易度が高く、軽い気持ちで勉強しても合格できる試験ではないからです。

確かに管理業務主任者の試験の特性上、独学で合格しやすい側面があります。
例えば、宅建やマンション管理士の資格を取得している人、もしくはもともと学習能力が高い人です。
そのような人達は、有利な状況から勉強をスタートすることができるので、 独学で合格できる可能性が十分にあるでしょう!

しかし、それ以外の人が独学で合格するとなれば、人一倍の学習量が要求されます。

ここで考えてほしいと思います。 管理業務主任者の試験は、10人受験して、2人しか合格できない試験です。 試験のレベルも年々上昇して、かなり難しくなっています。
そして、実際に勉強して見れば、はじめは意気込んで勉強できるものの、徐々に想像以上に難しい試験だと言うことに気づき、その結果挫折してしまうのです。

もちろん、独学で勉強して合格する人もいますし、独学の場合少ない資金で勉強できるメリットもあります。

しかし、それで合格できる人は極わずかだと言うことを理解しなければなりません。

少し厳しいことを言いましたが、これが管理業務主任者の実態なのです。
安易に独学で勉強すると決めるのは懸命ではありません。
しっかりと管理業務主任者の試験の実態を把握してから、決め手下さい。

そこで、このサイトでは、管理業務主任者は、どのくらいの難易度の試験で、どのくらいの学習量が必要か解説していきます。
それで、独学で合格できると思えば、独学で勉強しても良いですし、無理なら通信講座やスクールを受講すれば良いと思います。
尚、このサイトは、あくまでも独学で勉強する方に向けて書いていますので、 効果的な勉強法や教材選びのコツも解説しております。 是非参考にして下さい。