管理業務主任者 独学

管理業務主任者独学

独学のデメリット!

ここまで、管理業務主任者の試験を独学で勉強するのが困難だと説明してきました。
では具体的に何故独学だと難しくなるのか、解説していきたいと思います。

と、その前にまず独学でのメリットを考えていきたいと思います。
独学で勉強するメリットを上げるとすれば、費用が安く済むということです。
残念ながら、それ以外にはありません。

他にあえて言うとしたら、好きな時間と場所で勉強できると言うことも考えられますが、
それはきちんとした教材があっての話ですので、合格することを目的とすれば、 厳しいものがあります。

実は、そのきちんとした教材がないと言うのが独学のデメリットの一つなのです。

きちんとした教材と言うのはテキストや問題集の内容ということもありますが、
一番は講義が聞けないということです。

皆さんも、大学や高校受験で目標としている学校を狙う場合、学校の授業を聴いたり、 塾に通ったりして勉強していたと思います。
一昔前の塾がなかった時代は別しても、現代に置いて独学だけで勉強して合格する人は 本当に極わずかです。

ですが、資格の勉強になれば、なぜか独学になってしまうのです。
今まで、授業(講義)を聞いて勉強していた人が、独学つまりテキストだけ勉強しようと思っても上手くいきません。
やはり、講義とテキストを使いながら、内容を理解していかないと実力が上がってこないのです。 それに講義が聞ければモチベーションを保つことも出来ます。
ここが、独学で勉強する場合の一番のデメリットです。

次に、出題範囲が絞りにくいということもあります。
その結果、出題頻度の低い分野の勉強をしてしまい、学習量が多くなり、挫折してしまいます。
資格学習のポイントは可能な限り、出題範囲を絞り、そこをどれだけ徹底できるかです。

その他にも上げればきりがないので割愛しますが、要するに管理業務主任者の試験を独学で 勉強するのは極めて困難だということです。

だた、何度も言うように、宅建やマンション管理士の資格を持っている方は 独学でもチャンスはあります。
それでも不合格になる人はたくさんいますが、独学でも可能性はあるでしょう。