管理業務主任者 基礎知識

管理業務主任者独学

管理業務主任者の勉強はまず基礎知識!

基礎知識の取得は、管理業務主任者に限らず、どの勉強にもいえることですが、
この試験では特に重要になります。
なぜなら、管理業務主任者の試験は基礎知識を体系的に理解していないと過去問が解けないからです。
ですので、基礎知識はしっかりと勉強してほしいと思います。

では、どのような勉強をしていくかということになりますが、基礎知識のポイントは、 こまめに復習をしながら勉強していくことです。

多くの方は、基礎知識を勉強する際は、テキストを読み、それに関連する過去問を解いていきます。 その中でも、テキストを完璧に理解してから問題を解く人と、各章ごとにテキストを読んで問題を解く人の2パターンがあります。

前者の方は、明らかに非効率です。
何故なら、テキストを読むだけで完璧に覚えることは出来ませんし、最後の方でははじめにやった勉強を忘れてしまいます。

一方後者は、各章ごとに確認しながら問題を解くので、非常に効果的な勉強をしていけます。
しかし、この勉強法にも問題があります。
それは過去問を解くということです。

冒頭でも説明したように、過去問を解くためには体系的に基礎知識を理解しなくてはいけません。
そのような試験でいきなり、過去問を勉強しても中々解くことは出来ず、挫折してしまうこともあります。
また、基礎知識も確実に身に付いてきません。

ではどうすれば良いのかと言うと、過去問ではなく、基礎問題を解くのです。
基礎問題ならテキストに書いてあることが出題されるので、問題を解けるという醍醐味が味わえ、 モチベーションを保つことにも繋がります。 また復習にもなります。

勉強する上で重要なのは、現在のレベルに合わせて、徐々にステップしていくことです。
はじめから背伸びしても意味はありません。 確実に解ける問題を確実に解く、このことが重要なのです。

最後にまとめると、基礎知識の勉強は、各章ごとにテキストを読み、
それに関連する基礎問題を解くということです。
このことは、非常に重要なので、しっかりと理解しておいて下さい。