管理業務主任者 教材

管理業務主任者独学

独学で合格できる教材って?

よくインターネット上で、なんとかというテキストや問題集が良いと述べられていますが、
それには違和感を覚えます。
何故なら、教材の善し悪しと言うのは人それぞれですし、その教材で合格できるとは限りません。 当サイト管理人も、良いといわれたテキストを色々見てきましたが、重要な部分の説明が足りなかったり、載っていなかったりしたものもありました。
教材選びで重要なのは、信憑性の薄い情報ではなく、本質を理解することです。

では、どういった教材が良いのでしょうか?
ここではテキストについて解説していきます。

良いテキストと言うのは、それだけで合格できる内容になっていることです。
ただ、これから管理業務主任者の勉強をはじめる方に、合格できるかそうでないか判断することは出来ません。
ポイントは、ページ数が多く、図表化されているということです。

独学の場合は、教えてくれる講師がいるわけではないですから、テキストが講師の役割を果たします。
つまり、テキストの情報量が少なければそれだけわからないことが多いと言うことですから、 生徒であるあなたがが、わからないことが増えるということです。

ではどのくらいページ数が良いかと言うことになりますが、残念ながら答えはありません。
何故なら、ページ数というのは著者によって構成の仕方やポイントがまちまちなので、
何ページと言うことはいえないのです。
ただ、少なくても100~200ページと言うことはないでしょう!

また、情報量が多くても内容を理解できなければ意味がありませんので、 図表を使いながらわかりやすく説明していることも重要です。
これが、辞書のように文字だけで構成しているテキストなら、理解するのも一苦労ですし、
勉強する気にもなりません。

このように、合格するためのテキストには条件と言うのがあります。
闇雲に評判だけをたよりに、このテキストが良いからと選んでしまうのは、あまりにも危険です。

実際にここで説明したテキスト選びのポイントを理解し、自分の目で確かめるのが重要です。
もちろん、口コミや評判を参考にするのは良いと思います。
しかし、最終的には自分が良いと思ったものを購入して下さい。